メキシコを組み込む南米の一つ住所、しかもほんのわずかな面積でしか、こういうチアシードは培養されていません

アリゾナやカリフォルニア、メキシコ、グアテマラ、ニカラグアといった住所で、水、レモン汁、砂糖と混ぜたものを、極一部の人々がジュースとやるにすぎないのです。

これは、スペインによる植民場所時代の政治的導因により、チアの培養に使用してた壌土をコーン培養用の壌土として置き換えてしまったためなのです。

そろそろ解説する”チアシードのキャパシティー”を知れば、当時のスペイン人はだいたい、後悔するに違いありません!

その証拠に、5000階層が経った近頃になって当時チアシードを主食としていたメソアメリカ文化の食事が、スペインによる植民場所世の中から後の食生活よりも優れていることが分かってきたのです。

やはりこういう認識は、近代の科学の伸展によるパワーがおっきい意義なのですが、チアシードには人類の栄養状態を向上させるとまでおっしゃる程のキャパシティーがあったのです。

チアシードの栄養

チアシードは、直径1mm程度の素材で、ケシ粒のようなインプレッションをしています。

そんなちっちゃな素材、ちょっと10g(1日の後押しキャパシティー)の中に、ゼロ体どれほどの栄養素があるのかというと。。。

・カルシウム(乳房の6倍)
・鉄分(ホウレンソウの3倍)
・マグネシウム(ブロッコリーの15倍)
・カリウム(バナナの2倍)
・タンパク質(玄米の9倍)
・αリノレン酸(サーモンの8倍)
・亜鉛
・セレニウムコチラ