グリーンスムージーの効能とは?

好みに合ったグリーンスムージーの作り方

グリーンスムージーは使う野菜や果物にある程度の自由が利くので、自分の好みに合った味を作っていけるのが嬉しいですね。健康食品やダイエット食品などは毎日飲んでいると飽きてしまうものですが、飽きたら材料をかえて違う味を試せば良いというゆるい感じがありがたいです。
グリーンスムージーにおいて重要なグリーンの部分、葉野菜として使われるのは、小松菜やほうれん草が多いと聞いています。栄養価のとても高い小松菜と、小松菜よりは苦味が少ない初心者向けのほうれん草、どちらを選ぶかは自分次第です。

 

それを飲みやすくする重要なポジションの果物は、りんごやバナナやレモン、キウイなどがよく使われているようですね。どれも単体として優秀な栄養素を持っている果物たちで、ただの口直しの材料になっていないところがポイントです。
アレンジレシピとして、さらにアボカドやトマトなどを加える方法も流行っているそうですよ。アボカドではクリーミーさが、トマトでは酸味が加わり、より個性のある味に仕上がるのだとか。

 

自分の好みに合ったブレンドを生み出すには、結局のところ色々と試してみる挑戦心が必要になってきます。時にはおなじみの配合を変えて、よりおいしいと思えるスムージー作りに挑んでみることをオススメしたいです。